この夏休みに週間ほど休みがあったので、2泊3日でフィリピンのセブ島に行ってきました。

日本から飛行機に乗ること4時間。
セブ島のマクタン空港に着くと、蒸し暑さと海外の独特の匂いがお出迎えです。セブ島といえばビーチリゾートとして有名ですが、本当に海がきれいですね。空港に着く前、飛行機から下を見ると海がエメラルドグリーンなのがよくわかりました。

今回、1つ目の目的はセブ島にあるオスロブという観光地で、野生のジンベイザメと一緒に泳ぐことです。

日本でも沖縄にある美ら海水族館のジンベイザメが有名ですが、オスロブでは一緒に泳ぐことができます。
ジンベイザメの生態に少し触れておくと、平均体長は5.5m~11mほどで現存する魚類で最大。

「サメ」というと凶暴なイメージもありますが、このジンベイザメはとても温厚な性格で、主食はプランクトンなんです。口を大きく開けてプランクトンを食べるため、その口の大きさゆえに過去ダイバーが飲み込まれるといった事故もあったようです。(無傷で脱出したそうです)

オスロブへはセブ市内からバスで3時間ほど。
オスロブは港町ですが、ここ数年ジンベイザメの餌付けに成功して有名な観光地となったようです。なんとジンベイザメは臆病な性格なので餌付けすることはとても難しいとのことです。

ジンベイザメを見ることができるのは午前中のため、朝早くに出発し現地に着いたのは9時頃。まずガイドさんの説明を聞き、コースを選びます。

・ボート上からの見学 300ペソ
・シュノーケリング 1,000ペソ
・ダイビング 1,500ペソ


というコース、値段設定になっています。
日本円すると650円~3,500程度(1ペソ約2円で計算)なのでとっても安いですよね。
ライフジャケットを着て、ボートに乗ってウォッチングスポットへ行きます。

その場所に着くと、ガイドさんがエサの沖エビを海にまきます。すると数分後にジンベイザメが数えられないほど寄ってきました。

私はダイビングのプランを選んだので、海の中へ入りジンベイザメを一緒に泳ぐことができました。

最初はちょっと怖かったですが、本当に温厚で人を襲うなんてことは無いそうです。触れそうなぐらい近くで見ることができたので大満足。
ガイドさんが写真を撮ってくれるので、とても良い思い出になりました。

もう1つの目的は、カワサン滝です。オスロブから約1時間ほどで着きます。
カワサン滝はエメラルドグリーン色の滝壺で有名で、滝に打たれたり、キャニオリングしたりとアクティビティが楽しめるんです。

現地ではガイドがたくさんいるんですが、事前情報でぼったくりが多いと聞いていたので断ろうとしたのですが、金額交渉したら普通の値段だったのでガイドにお願いすることに。

結果的に写真をたくさん撮ってくれたので良かったと思います。カワサン滝は奥へ行けば行くほどキレイな滝壺を見ることができ、道中自然の中を歩けたのはとても気持ち良かったです。

そして一番上の滝壺まで行くと本当にきれいなエメラルドグリーンの滝壺が広がっているので感動しました。私も滝壺へダイブしたり、キャニオリングしたり、滝に打たれたりと、こちらも大満足でした。

ダイブは怖かったですが、滝によって高さが変わるので一番低いところであれば皆さんもチャレンジしてみて下さい。

でも実際滝に打たれるのは想像以上に痛かったというのが本音です。イカダにうつ伏せになり滝に打たれるのですが、身動き取れないほどの水の勢いです。ある意味良い思い出になりましたが・・・笑

オスロブのジンベイザメウォッチ、カワサン滝どちらも大満足の旅行となりました。皆さんもぜひ行ってみて下さいね。

最後に、印象的だったのがフィリピンでの食事です。
「ジョリビー」というファストフードが有名で、街のいたるところで見ることができます。

特徴的なのはセットメニューにライスが付いていることで、メインのハンバーガーがあるにも関わらず、ライスが付いているのでかなりお腹は膨れます。現地の方に話を聞いてみると、どうやらフィリピンの方はお米が大好きなんだそうです。

観光も食事もかなり楽しめた2泊3日のフィリピン旅行でした。