★ホーム★■掲示板に戻る■最初のページ最後のページ | | おすすめ順過去ログ書き込み欄へ

【医療】高齢者の包茎… 介護者が知っておきたい基礎知識とサポート方法(1)

364 :
名無し
03/29/24(Fri)03:41:18 そうだねx0 
※3/27(水) 20:30配信
Medical DOC

高齢者の包茎は、ただの見た目の問題ではありません。社会の高齢化に伴い、包茎に関する高齢者の悩みと介護者の負担が増加しています。そこで、さぎぬま泌尿器科・美容クリニックの野口先生に、包茎の医学的側面と介護での対応について詳しく解説してもらいました。

[この記事は、Medical DOC医療アドバイザーにより医療情報の信憑性について確認後に公開しております]

包茎の医学的側面と介護の課題
編集部:
高齢者の包茎に悩む介護者が増えていると聞きましたが、その実態はどのようなものですか?

野口先生:
高齢者の介護において、包茎が問題になるケースはいくつかあります。まず、高齢者では皮膚の弾力性が低下しており、包皮が狭くなることがあります。これは包茎が原因で局部を清潔に保つことが難しくなり、感染症や炎症のリスクを高める可能性があります。介護者が高齢者の包茎に悩む主な理由は、適切な局部ケアの難しさにあります。局部の清潔を維持するためには、包皮をゆっくりと引き下げて洗浄する必要がありますが、これが高齢者にとっては痛みを伴うことがあります。また、狭い包皮が原因で尿路感染症などの合併症を引き起こすこともあります。そのため、高齢者介護においては、包茎の状態を適切に管理し、必要に応じて専門医のアドバイスを受けることが重要です。日常の清潔ケアのほか、痛みや不快感、感染症の予防といった観点から、専門的なケアが求められることもあります。

編集部:
介護者が言葉がけをして、自身の陰部を洗ってもらうように伝えれば良いのでしょうか?

野口先生:
もちろん自己ケアができるのであれば、それに越したことはありません。しかし、身体介護が必要となる高齢者のほとんどの場合、自分の陰部のケアを行うことが難しくなるため、介護者はこれらのタスクを引き受けることが多くなります。しかし、陰部のケアは非常にデリケートな問題であり、介護者にとって精神的および肉体的な負担が大きいです。

編集部:
確かに非常に繊細な場面となりそうですよね。

続きは↓
https://news.yahoo.co.jp/articles/de04972c014a5d23664a547e176bf1843211f18c
1コメント

Refresh

★ホーム★■掲示板に戻る■最初のページ最後のページ


名前:
E-mail and/or Profile Pic direct URL:
Comment*:

Image: