★ホーム★■掲示板に戻る■最初のページ最後のページ | | 新着順過去ログ書き込み欄へ

貧富の差は開くのか? 日本で貧富の差が宿命的であるとは思えない理由(1)

583 :
名無し
04/02/24(Tue)12:00:21 そうだねx0 
スコット フィッツジェラルドが書いた世界的名著と言われる「ギャツビー(The Great Gatsby)」は1920年代のニューヨーク近くの恵まれた家庭の家に生まれたギャツビー氏の話です。その一節に「世間のすべての人が、おまえのように恵まれた条件を与えられたわけではないのだ」というギャツビーの父の声が出てきます。これは当時においても「良家の地位」は歴然としたものである一方、家庭の貧富は、生まれ持った宿命がそこにあるのだとも言っているように聞こえます。
これを2012年頃、アメリカの経済諮問委員会のアランクルーガー委員長(当時)が経済学的展開を行い、下記のグラフを示し、グレートギャツビーカーブ (Great Gatsby Curve)と称しました。
これはOECDの2011年のグラフですが、縦軸に世代間収入の連動性、横軸にジニ係数(貧富の格差)を取っています。縦軸の意味は親が貧乏なら子供も貧乏である関係性を示し、高ければ上になります。横軸は貧富の格差で、高ければ右に行きます。
このグラフから見えるのはアメリカ、英国、イタリアは家柄がその人の人生を決める要素が高く、北欧諸国はその関連性が低くなります。
1コメント

Refresh

★ホーム★■掲示板に戻る■最初のページ最後のページ


名前:
E-mail and/or Profile Pic direct URL:
Comment*:

Image: