★ホーム★■掲示板に戻る■最初のページ最後のページ | | 新着順過去ログ書き込み欄へ

【海外報道】川勝平太静岡県知事のリニア反対にある「背後」(1)

897 :
名無し
04/11/24(Thu)01:53:24 そうだねx0 
静岡県の川勝平太知事は4月3日、静岡県庁で記者会見した。 (c共同通信社)
日本の政界において、川勝平太静岡県知事ほど多くの議論と論争を巻き起こした人物はほとんどいない。
川勝氏は、率直な、時には扇動的なコメント、主要インフラプロジェクトに対する断固たる反対、イデオロギー的傾向で知られている。
彼の在職期間は世論とメディアの監視のジェットコースターのようなものであった。

4月2日、川勝氏は、自身の物議を醸す発言が(再び)反発を引き起こした後、突然辞任の意向を発表した。

川勝氏は4月1日の県庁新入職員向けオリエンテーションで、特定の職業を差別した。
「野菜売りや畜産業者、製造業者とは異なり、あなたは優れた知性と知性を持っています」と彼は主張しました。
しかし、川勝氏は4月3日にメディアに対し、批判は自身の決断の主な要因ではないと主張した。
その代わりに、彼は主な理由として、彼が断固として反対してきたプロジェクトで あるリニア中央新幹線の最近の延期を挙げた。
川勝氏は2017年以来、 JR東海による県内のトンネル建設の許可を拒否してきた。
JR東海は3月29日、目標としていた2027年の開業時期を数年延期することを決定した。
川勝氏はこれを「画期的な決定」と表現し、「私の仕事は終わった」と主張した。

●毛沢東の熱烈な崇拝者
知事は長年にわたり、同線の建設は環境に悪影響を与えると一貫して主張してきた。
しかし、川勝氏は中国と毛沢東の教えを恥ずかしがることなく崇拝している。
川勝氏は2009年に就任して以来、静岡と北京の関係発展に注力してきた。
実際、彼の著作や行動は、リニアモーターカーに対する彼の立場をどの程度イデオロギー的動機が
支えているのかという疑問を引き起こしている。

リニアモーターカー計画は 2014 年に始まりましたが、それに先立つ数年間の政治的背景を考慮する価値があります。

●「恋人たちのように」
2010年9月7日、尖閣諸島付近で中国漁船と海上保安庁の巡視船が衝突した。警告を無視して船が接近したため、船長は逮捕され
石垣島で拘留された。しかし、民主党政権は中国との外交を理由に同氏を釈放し送還し、物議を醸した。
この動きは、石原慎太郎東京都知事を含む国民の怒りを引き起こした。
日中関係の悪化を受けて、静岡県知事就任2年目の川勝知事は奇妙な決断を下した。上海万博を背景に、予定していた中国訪問を継続することを決意した。

訪問団を率いて、静岡県と友好提携を結んでいる浙江省や万博会場などを訪問した。彼は、これらの出来事についての考察を
著書『富士山の国:日本の理想』(『日本の理想 富士の君i』、春秋社、2010 年)の中で詳しく述べています。
「1月10日、人民大会堂で 習近平副主席と会うことができて光栄だった」と川勝氏は振り返る。
【中略】
中国共産党(CCP)の代弁者である人民日報との2012年のインタビューで、川勝氏は同盟へのインスピレーションについて説明した。
「香港返還の際に『一国二制度』について知り、興味をそそられた」と彼は語った。 「日本はこの概念を拡張して『一国多制度』国家に発展する可能性がある。」

続きは JAPAN Forward (英語)2024 年 4 月 9 日
https://japan-forward.com/heita-kawakatsu-says-sayonara-shizuoka-after-winning-new-maglev-delays/

※関連ソース
人民日報英語版(新華社通信) 2019年11月25日07時29分 中国と日本は21世紀に地方レベルの交流の新時代を迎えるべきだ:中国国務委員
http://en.people.cn/n3/2019/1125/c90000-9634947.html
1コメント

★ホーム★■掲示板に戻る■最初のページ最後のページ


名前:
E-mail and/or Profile Pic direct URL:
Comment*:

Image:

■ ヘッドライン
lobby:ニュース速報 24/07/21(日) 09:52 『<h3>【市場】トランプ相場、資源・金融に資金シ』
lobby:ロビーのゆめちゃん🤥 24/07/14(日) 23:49 『https://dev.kakiko.org/test/re』
delightly:テスト 24/07/14(日) 22:15 『https://dev.kakiko.org/nore/』
lobby:テスト 24/07/12(金) 23:46 『テスト』